🀔フランスの接続法ずは䜕ですか

孊生はよく、フランスの接続法ずは䜕ですかフランスの接続法をい぀䜿甚するのですか明確な説明ずフランス語の接続法句のリストを提䟛したす&動詞+䟋

英語では、接続法は非垞にたれです写真の女の子のように、私がパリにいたらいいのにず思いたす。

フランス語では、それは非垞に䞀般的です。ただし、フランス語の初心者の堎合は、接続法に぀いおは今は気にせず、盎説法の時制に集䞭したす。

では、この質問に答えたしょう。「フランス語ずは䜕ですか。接続法」

1 –接続法ずは䜕ですか

接続法は気分です。぀たり、被隓者の態床を衚す文法甚語です。

英語では、接続法はたれで圢匏的です。珟圚、ほずんどの人はそれを䜿甚しおいたせん。

フランス語の接続法は非垞に䞀般的です。これは、事実に察する察象の気分垌望、垌望、恐れ、䞍確実性などを瀺したす。アむデア–倚くの堎合他の人が関䞎したす。

䞀蚀で蚀えばフランスの接続法

倚くの堎合、2人の異なる人々が関䞎したす最初の人は望んでいる/期埅しおいる/恐れおいる…

堎合によっおは、「il faut que」のように、接続法が埌に続く衚珟です。

どの衚珟の埌に接続法が続くのか衚珟の埌に接続法が続くのではなくを暗蚘する必芁がありたす–特定のフランス語のフレヌズがフランス語の接続法を䜿甚する理由ず他のフレヌズが接続法を䜿甚する理由を説明したす+接続法のフランス語のフレヌズのリスト。

これは長いレッスンです。時間をかけおそれを理解し、抂念を理解させ、埌で参照できるようにブックマヌクしおおくこずをお勧めしたす。 1回の読曞で接続法を埁服するこずはありたせん

2 –フランス語の接続法を暗蚘する方法

私の意芋では、フランス語の䞍芏則動詞の圢を暗蚘するには、音声でドリルするこずが唯䞀の解決策反射法を䜜成し、頭の䞭で圢を「聞く」必芁がありたす。

最も䞀般的な動詞に集䞭するaller、être、avoir、prendr。

これは玔粋です暗蚘、それは理解ずは䜕の関係もないので、ここではそれに぀いおは話したせん。

フランス語の接続法の䜿甚法ず共圹は、私の高床なフランス語のオヌディオブック孊習方法で詳现に説明され、次にいく぀かのレベルの発音䌝統的なフランス語ず珟代の話し蚀葉のフランス語で蚘録された進行䞭の小説。

L7 +L8ÀMoiParisメ゜ッド–高床な

4.9738件のレビュヌ

US $ 99.99US $ 79.99

3 – Que = Fで接続法rench

接続法の埌に続く接続詞は、ほずんどが「que」です。

「quand」や「si」などの他の接続詞は、接続法を䜿甚したせん。したがっお、「que」ほずんどの堎合たたは「qui」を䜿甚しお文を蚀おうずしおいるずきに接続法を䜿甚するこずだけを心配する必芁がありたす。

わかりたした 最䞊玚の構文にはもう少しありたす たずえば「leseulendroitoùjenesoisjamaisallé」 これはかなり進んでいるので、ここでは説明したせん。接続法のケヌスの倧郚分は「que」であるこずに泚意しおください。

しかし、queを含む文は、動詞が接続法になるずいう意味ではありたせん。残念ながら、それはそれほど簡単ではありたせんこれが、フランス語で接続法を䜿甚するために存圚する必芁のある条件を理解する必芁がある理由です。

接続法が続かないqueを含むフランス語衚珟のリストに぀いおは12を、「que」ず接続法に぀いおのよりクレむゞヌな考えに぀いおは18を参照しおください 

4 –接続法= 2぀の条件

接続法をフランス語で䜿甚するには、次の2぀の条件が必芁です。

  1. 少なくずも2぀のサブゞェクト=サブゞェクト1が望んでいる、垌望しおいる、泚文しおいる、恐れおいる サブゞェクト2がこのアクションを実行したす。
  2. たたは接続法が具䜓的に続く匏以䞋のリストを参考にしおください

5 –接続法の䟋

接続法ず指瀺法を䜿甚した文の䟋をいく぀か取り䞊げお、状況の条件を調べおみたしょう。

  • Je veux que vous fassiez la vaisselle。私はあなたにそれをしおほしい=いく぀かの関䞎=接続法
  • Je veux faire la vaisselle。私は私に料理をしおほしい=私だけが関䞎しおいる =無限
  • Il faut que tu fasses la vaissellethis条件はあなたにのみ適甚されたす=接続法
  • Il faut faire la vaisselleすべおの人に圓おはたりたす=䞍定詞
  • Je suis contente que tu fasses lavaisselle。 私はあなたが料理をするこずを嬉しく思いたす= 2人–接続法
  • Je suis contente de faire lavaisselle。私が料理をするこずを嬉しく思いたす=䞀人=指暙

したがっお、同じ人が䞡方の行動をしおいる堎合、たたはそれがすべおの人に関する䞀般的な声明である堎合は、回避するこずができたす接続法ず䞍定詞構文を䜿甚したす。

接続法では質問圢匏はありたせん

䜿甚できたすたずえば、「Voulez-vous que je vienne avec vous」などの質問の接続法句ですが、接続法句自䜓を質問に倉える方法はありたせん。

これで、基本ルヌルが確立されたした。 、フランスの接続法に぀いお詳しく説明させおください。

以䞋はほずんどの堎合機胜したす。䟋倖が芋぀かるず思いたすが、ほずんどの堎合がより明確になるこずを願っおいたす。

7 –フランスの接続法

フランスの接続法は2぀のこずを述べおいたす

A –異なる人の行動に圱響を䞎えおいる/感じおいる人。

  • Je veux que tu fasses lavaisselle。 I =䞀人称、欲しい=圱響力の動詞、あなた=別の人、料理をする=䞀人称が圱響を䞎えようずしおいる行動。
  • Je suis contente que tu fasses lavaisselle。 I =䞀人称、幞せ=気持ち、あなた=別の人、料理をする=䞀人称が感じおいる行動。

B –話者のチャンスの割合この願い/恐れ/秩序/ 珟実になる。

  • Je constatequilestlà。
    実際、私は圌を芋るこずができたす。私にずっお、これは100確実なこずです。 =指暙。実際の珟実は、圌がホログラフィック投圱であるずいうこずです しかし、真実は芋る人の目にありたす 
  • Jaimeraisquilsoitlà。
    しかし、圌の飛行機がニュヌペヌクで立ち埀生しおいるこずは知っおいたす。私の願いが珟実になる確率はほがれロ=接続法です。

C –フランスの接続法は䞻芳的です

では、どこに線を匕きたすか

  1. 確かにそれが珟実であるこずがわかっおいる堎合は、フランス語で盎説法を䜿甚したす。
  2. アクションが珟実になる可胜性が70以䞊=フランス語で瀺されたす。
  3. アクションが珟実になる可胜性が70未満の堎合=接続法フランス語。

ご芧のずおり、フランスの接続法はかなり 䞻芳的です。

8 –盎説法ず接続法

  • 特定のquilseralà demain = 100の確率で珟実になる=指暙
  • 最も可胜性の高いquilseralàdemain= 70の確率で珟実になる=指暙
  • 最も可胜性の䜎いquil soitlàdemain= 50の確率で珟実になる=接続法
  • Je crois quil vapartir。私はそれに぀いお前向きです。圌が去る90を蚀う=指暙。
  • Jedésirequ’ilparte。しかし、圌は本圓に留たりたいず思っおいたす したがっお、圌が去る可胜性は2しかありたせん=接続法。
  • J’exige que tu aillesàl’école。 OK、でも行く぀もりはない。ですから、私がそれを望んでいたずしおも、それは珟実ではなく、私はそれを知っおいたす =珟実になる可胜性はほずんどありたせん=接続法
  • Regarde Une maison avec un toit orange au milieu d’un grandjardin。私は実際にこの家を芋おいたす。家が存圚する可胜性は100=指暙です。
  • Jerêved’une maison qui ait un toit orange et soitentouréed’un grandjardin。私は䞍動産業者の家にいお、私の倢の家に぀いお説明しおいたす。圌はそれを持っおいるかもしれないし持っおいないかもしれない、私はそれが存圚するかどうかわからない–私の予算では-=接続法

9 –フランス語の接続法吊定圢

Inフランス語の動詞の垌望ず信念は、接続法を吊定的に導入したす。これは、アクションが珟実になる可胜性の割合が非垞に䜎いためです。

  • Je pense quil reviendra =圌の到来、私にずっお、珟実になる可胜性は90です=指暙
  • Je ne pense pas quil revienne =私にずっお、圌が来るこずは、珟実になる可胜性が5=接続法です

気を付けおください「圌が来るずは思わない」は「圌が来ないず思う」ず同じではありたせん 。

あなたはあなたの行動を続けなければなりたせん非垞に明確に話しおいるので、文の正しい郚分にネガティブを適甚し、センテンスを完党に倉曎しないようにしおください。

10 – Ne Expletif –ネガティブ倀のないNe

  • Je crains quelle nemente。
    圌女が私に嘘を぀いおいるのではないかず思いたす圌女が私に嘘を぀いおいないわけではありたせん 

ここでの「ne」には負の倀はありたせん。これは、かなり正匏な抂念です。 「leneexplétif」には、恐怖の動詞ずいく぀かの衚珟が含たれおいたす。

「neexplétif」の䜿甚は必須ではなく、話す際に䜿甚されるこずはほずんどなく、たったく意味がありたせん。かなりあり、フランス語の孊生を混乱させたす!!

これで、これらすべおの説明で、あなたがフランスの接続法のベッタヌを理解し始めおいるこずを願っおいたす。

フランスの接続法にアプロヌチするもう1぀の方法は、動詞ず衚珟の埌に接続法を芚えるこずです 

䞀般的な動詞ず接続法のリストの埌に、盎説法たたは接続法が続きたす。

11 –フランス語の指瀺動詞のリスト

以䞋にリストされおいる動詞は、盎説法=指瀺法を説明しおいたす。

  1. 接続法–泚意、目撃者
  2. observer que –芳察する
  3. remarquer que –発蚀する
  4. savoir que –知る
  5. trouver que –芋぀ける
  6. afirmer que –宣蚀する
  7. déclarerque–宣蚀する
  8. dire que –蚀う
    + indicatif。

しかし、 

  1. 想像する–想像する
  2. espérer–垌望する
  3. croire –信じる
  4. ペンサヌ–考える
  5. supposer –
    + indicatifを想定したす。

ここでは、フランス人が自分の信念を珟実LOLずしおずらえおいるこずを理解するのに圹立ちたす。

croire que、penser que、supposer que、imaginer que、espérerqueなどの動詞は盎説法=は、状況が珟実であるず本圓に信じおいるので、䞀皮の論理的です。

しかし、接続法の埌に接続法が続きたす 。正盎なずころ、それは愚かで意味がないず思いたす。垌望ず信念の違いを匷調するためかもしれたせんか

12 –フランス語の盎説法のリスト

これらすべおのフランス語の衚珟は、話者が状況が珟実であるず考えおいるこずを瀺しおいたす。

  1. il est clair que –それは明らかです
  2. il est特定のque –それは明らかです
  3. il estsûrque–確かに
  4. il est probable que –それは可胜性が高い
    +指暙

次に、いく぀かの接続詞は「単玔な珟実」を衚珟したす–それが、フランス語の文法がそれらの埌に盎説法が続くこずを説明する方法です それが䜕を意味するのかよくわかりたせん それらのほずんどにずっお、あなたはそれらを暗蚘する必芁があるず思いたす

  1. alors que –䞀方、
  2. aussitÃŽtque–すぐに
  3. enmêmetempsque–同時に
  4. depuis que –以来
  5. dÚs que –すぐに
  6. lorsque –い぀
  7. parce que –なぜなら
  8. ペンダントque–ながら
  9. plutÃŽtque–の代わりに、
  10. puisqueではなく–
  11. tan以降dis que – while
  12. une fois que – once

13 –フランス語の接続法動詞のリスト `

次に、䞀般的な動詞の埌に接続法。これらの動詞は、願い、奜き嫌い、恐れ、埌悔、疑い、順序の6぀のカテゎリに分類できたす。

  1. 願いを衚すフランス語の動詞= souhaiter、désirer、suggérer、proposer、conseiller + que +接続法
  2. 奜き嫌いを衚すフランス語の動詞= aimer、préférer、détester、adorer + que + subjunctive
  3. 恐怖を衚すフランス語の動詞= avoir peur、craindre、redouter + que + subjunctive
  4. 埌悔を衚すフランス語の動詞= regretter、êtredésolé+ que +接続法
  5. 疑いを衚すフランス語の動詞= douter + que +接続法
  6. 順序を衚すフランス語の動詞= vouloir、ordonner 、exiger、permettre、refuser、supplier、+ que + subjunctive

Webにはもっず長いリストがありたすが、その必芁性はわかりたせん 本圓に知る必芁がありたすか接続法が続くこずができる「すべおの」動詞ここに最も䞀般的な動詞をリストしたした。

14 –リストフランス語の接続法のフレヌズ

必芁なものこれらのフランス語の接続法のフレヌズを心から孊ぶこず。

前に説明したように、䞀般的なステヌトメントを䜜成し、䞍定詞構造を䜿甚するこずで、それらのいく぀かずの接続法を簡単に回避できたすil fautmanner≠ilfaut que vous mangiez。

  1. il faut que –必芁です
  2. il vaut mieux que –より良いです
  3. il est / cestimportant que –それは重芁です
  4. il est / cest dommage que –それはあたりにも悪い
    +接続法
  5. il est / cest䞍可胜–䞍可胜です
  6. il est / cest可胜なque–
  7. il est / cestの可胜性のあるque–可胜性が高い
  8. il est / cestの可胜性のないque–その可胜性は䜎い
  9. il est / cest peu probable que –それはありそうもない
  10. il / ce nest pas clair que –それは明確ではありたせん
  11. il / ce nestpasévidentque–それは明らかではない
  12. il / ce nestpassûrque–わからない
  13. Pour que – for
  14. afin que – for
  15. de sorte que –そのため
  16. de crainte que –恐れお
  17. li>

  18. de peur que –恐れおいる
  19. avant que –前
  20. en Attendant que –埅っおいる
  21. jusquàceque–たで
  22. bien que –そのため
  23. àmoinsque–ただし
  24. àconditionque–条件付き
  25. pourvu que –条件付き
  26. li>

  27. qui que –誰でも
  28. quoique –たずえ
  29. quoi que –䜕でも
  30. sans que –
    +接続法なし

15 –接続法+接続法しかしAprÚsQue+盎説法!!!

「前衛」の埌に接続法が続く=論理的であり、䞍確実性の抂念がありたす。事前に確実に知るこずはできたせん。

  • Tu devras partir avant quil ne vienne。このne expletifも 

ただし、「aprÚsque」の埌には盎説法が続きたす。これも論理的です。

  • Engénéral、jeparsaprÚsquilvient。

倚くのフランス人は接続法を䜿甚しおいたすが、私も含めお それは間違いですが、非垞に䞀般的なものです。そこにひどい 近い将来、この芏則が実際に接続法を蚱可するように倉曎されたずしおも、私は驚かないでしょう。

私は実際にそれを蚀うこずは決しおなく、代替案を芋぀けたす

  • Engénéral、jeparsaprÚssonarrivée。

16 –フランス語で接続法を回避する方法

フランス語で接続法を回避する方法はいく぀かありたす。

A –フランス語の接続法を避けるために名詞を䜿甚する

動詞の代わりに名詞を䜿甚した堎合、で問題はありたせん。すべお これは䞻に「avantque」に適甚されたす。

  • Il finit avantledépartdesafemmeIl finit avant que sa femme ne parteの代わりに。

B –特定の接続法ではなく䞀般的なステヌトメント指瀺を䜜成する

特定の人に文を適甚する代わりに、䞀般的なステヌトメントを䜜成したす。

  • Il faut faire du sport “il faut que tu fasses du sport”の代わりに

C-接続法を回避する方法を芋぀ける–必芁に応じお2぀の文を䜿甚したす

  • Tudoispartirimmédiatement。 Je l’exige。 「jexigequetupartesimmédiatement」の代わりに

17 –フランス語の接続法ずフランス語

さらに悪いこずに、垞に信頌できるずは限りたせん。フランスの接続法を孊ぶために聞くたたは読むこず 倚くのフランス人は接続法の䜿甚に関しお間違いを犯したす。

フランス人が䞡芪によっお絶えず修正されなかった堎合子䟛の頃、たたは正匏な勉匷をあたりしなかった堎合は、接続法で間違いを犯す可胜性がありたす。

さらに、時代は倉わり぀぀ありたす。フランス語の文法がただある状況もありたす。接続法の䜿甚を芁求したす…しかし、人々は代わりに接続法を䜿甚したす。なぜですかそれは奇劙に聞こえるので、それが理由ですそしおほずんどのフランス人は圌らに䜕を蚀うかを䌝えるために圌らの耳に頌っおいたす…たたは倚分「本胜」はより良い蚀葉でしょう。

ほら、フランス人はあなたのようにフランス語を話したせん。぀たり、私たちは同じようには考えおいたせん。私たちは頭の䞭でフランス語を曞いおいたせん。私たちは「それがどのように聞こえるか」に倧きく䟝存しおいたす。珟代の話し蚀葉のフランス語に関する私の蚘事を読むこずを匷くお勧めしたす。

この蚘事では、倚くの䟋を挙げお、孊校で孊んだず思われる䌝統的なフランス語ず、今日話されおいるフランス語の珟実ずの察比を瀺し、フランス語の話し方を簡玠化するための倚くのヒントを玹介したす。

いずれにせよ、平均的なフランス人はすべおの文法芏則を知っおいるわけではありたせん。圌らは圌らのやり方を話したす。なぜなら たあ、もう䞀床、圌らの䞡芪ず教垫は圌らが蚀うべきこずを知っおいるように圌らを十分に修正したした。

しかし、耇雑なこずを蚀うこずになるず、圌らはもう確信が持おたせん ある状況では、良い音がするので、補助語を䜿甚するかもしれたせん。 、そしお次の日は指暙を䜿甚したす。その日は圌らにずっおより良い音だったからです。確かに、私たちは皆間違いを犯したす

18 –「Que」+接続法たたは「Que」+指瀺法

接続法に぀いおすべお説明したので、本圓に倢䞭になりたしょう 

この文で接続法を䜿甚しない理由を理解できたすか
Elle est si heureuse quelle rit tout le temps。
たず、同じ話者が䞡方のアクションを実行しおいるず䞻匵するこずができたす。

しかし、意味はもっず深いです ここで、「que」は「したがっお」を意味したす。
結果圌女はずおも幞せなので、い぀も笑っおいたす。

圌女が幞せになるのは、圌女が笑うずいう事実ではありたせん 実際には逆です。圌女が笑うのは幞せだからです。

間違いなく、䞍確実性も、気分の倉化もありたせんしゃれが意図されおいたす。圌女は幞せなので、笑いたす。ほんの少しの倉曎で、接続法を䜿甚するように文を倉えるこずができたす。

Elle est si heureuse quIL rie tout letemps。

珟圚、2人の異なる人が関わっおいたす。そしお、接続法は正しいです。なぜなら、圌女を幞せにするのはい぀も笑っおいるずいう事実だからです。圌女の気分に圱響を䞎えるのは圌の行動です。

この論理を1人の人間に適甚したい堎合は、䞍定詞を䜿甚する必芁がありたす。

Elle est si heureuse de rire tout letemps。

英語での翻蚳は機胜したせん。その間違いを避けるこずができるのは、文脈ずフランス語での補助語の䜿甚を完党に理解するこずによっおのみです。

1。 Elle est si heureuse qu’elle rit tout letemps。
圌女はずおも幞せなのでい぀も笑っおいたす。

2。 Elle est si heureuse qu’il rie tout letemps。
圌女はずおも幞せなので、圌はい぀も笑っおいたす。

3。 Elle est si heureuse de rire tout letemps。
圌女はい぀も笑っおいおずおも幞せです。

別の非垞にトリッキヌな状況を芋おみたしょう。

Jetetéléphoneraidesortequetu aies linformationàtemps= subjunctive
電話をかけお、次のようにしたす。時間通りの情報。

アクションは将来行われおいたす したがっお、結果は確実ではなく、したがっお接続法です。

Illavaitprévenuedesortequellenest pas sortie =指暙
圌は圌女に譊告したので、圌女は出かけたせんでした。

アクションはすでに実行されおいたす。結果は確実であり、したがっお指暙ずなりたす。

今、私が前に蚀ったように、これらの文は存圚したす。しかし、ありがたいこずに、それらを回避する方法がありたす

Jetetéléphoneraietdonctuauras l’informationàtemps。
電話したすので、時間通りに情報をお届けしたす。

Il l’avaitprévenueetdoncelle n’est passortie。
圌は圌女に譊告したので、圌女は出かけたせんでした。

蚀語に本圓に堪胜であるためには、トリッキヌな構文を予枬しお回避し、文章をすばやく倉換しお、蚀いたいこずをより簡単に衚珟する方法を芋぀ける必芁がありたす。

時々、あなたが自分自身を確信しおいるずきしばしばあなたが暗蚘したために、接続法の構造ず接続法を萜ずすかもしれたせんあなた自身のために、内偎だけなら そしおあなた自身にハむファむブを䞎えおください -

19 –フランスの接続法を理解するための最良の方法は䜕ですか

フランスの接続法をい぀䜿甚するかに぀いおの感芚を逊うための最良の方法は、文脈の䞭でそれを孊ぶこずです。フランス語の今日のダりンロヌド可胜なフランス語のオヌディオブックをチェックしおください。フランス語の今日のバむリンガル小説は、さたざたな速床ず発音で録音され、今日の珟代のグラむド発音に焊点を圓おおいたす。

この長いレッスンで、フランスの接続法に぀いおより明確になるこずを願っおいたす。気に入ったら、゜ヌシャルメディアで共有しおください。これは私たちにずっお倧きな助けになりたす

次のこずにも興味があるかもしれたせん

  1. フランス語の条件を理解する
  2. フランスの呜什を理解する
  3. フランスのPassé-ComposéずImperfectの違い

ニュヌスレタヌ、Facebook、Twitter、Pinterestのペヌゞを賌読しお情報を入手しおください新しいリリヌスず私に連絡しおください

コメントを残す

メヌルアドレスが公開されるこずはありたせん。 * が付いおいる欄は必須項目です